ベッド・まくらの選び方

ベッドの選び方

同じような外観をした多彩なマットレスの中から、好みの寝心地を探し出すのは大変です。
そこでフランスベッドでは、寝心地の目安となる「柔らかめ・普通・硬め」の3カテゴリーに分けることにより、対象を絞りやすくしています。
理想の寝姿勢を支えるという観点から、体重の重い方は硬めを、軽い方は柔らかめから試してみるのがよいでしょう。
次の目安は、寝心地を左右するソフト層、つまり身体に触れる部分の詰物です。
マットレスの場合、異なる素材を組合わせて何層にも重ね、独特のフィット感や弾力性をつくっています。

粗悪なマットレスの見分け方

手で強く押さえた際、マットレス全体に張りがあること。 押さえたところだけが沈み込んでしまったり、スプリングの存在を感じるようなものは要注意。
これは詰物の量が少ないか、比重の軽いウレタンをスプリングの上に載せただけのものだからです。

一緒に寝る? それとも別々?

夫婦の就寝形態としては、ダブルベッドで一緒に、ツインベッドで別々に、ベッドと布団で、別室で、と様々です。
別々に寝る理由として、暑がりと寒がり、就寝時間のずれ、イビキがうるさくて、明るい方が寝やすくて、趣味に没頭したいから、出産後に子供と寝るようになってから、などそれぞれです。
しかし、一緒にいたいけれど離れて寝たい時もある…、という複雑な悩みをお持ちの方には、ピッタリ寄せると1台のベッド(クィーンやキング)のようになり、離せばツインになるベッドが解決してくれるかもしれません。

リビングの寛ぎを寝室へ

薄型テレビが普及するなか、場所をとらないので寝室にも一台、という家が増えています。でも寝た姿勢では観にくく、ヘッドボードを背もたれに、枕をクッション代わりにしているのではないでしょうか。
そんな時、あったらいいのが電動リクライニング機能。リモコン操作で簡単に位置の調整が可能になるので、ソファ代わりとしても、読書やテレビ鑑賞などにも、ベストポジションで楽しむことができます。

適度の収納から、たっぷり収納まで

ベッド下を有効に使いたい方には、やはり収納付ベッドが欠かせません。
部屋が狭く省スペースを心がけているならば、チェスト並みに6杯の引き出しがあるものや全面収納仕様のタイプを、あるいはスタイリッシュなデザインの収納付ベッドなど、多様なニーズを満たすベッドが揃っています。

寝室レイアウトのポイント

例えば6畳の部屋にダブルベッドを置きたい場合、無条件ならば簡単ですが、チェストも入れるならば引き出しを開けて取り出しやすいスペースを、ドレッサーならばスツールを考慮するなど、家具に応じた余裕のスペースが必要です。
このような家具に加え、窓の外から見られる角度、ドアから離れた位置などの条件で、ベッドを思い通りのポジションや方向に置けるのかどうか、確かめておく必要もあります。
また、窓際にベッドサイドがくる配置では、ピッタリ寄せるとベッドメイクがしにくい上、掛ふとんが片方に下がって落ちやすくなるため、最低限のスペースは確保しましょう。
ベッドを購入する前に、部屋の広さ、ベッドや家具のサイズや配置を、正確に測っておくことをお勧めします。
数センチの誤差で、思い描いていたレイアウトを断念しな
ければならないかもしれません。

まくらの選び方 理想的な寝姿勢とは

身体を楽に支える姿勢は、立姿勢の場合3つの彎曲がつくるS字によってバランスをとっています。
それが寝姿勢では腰椎の彎曲が少し伸びた状態で、S字を無理なく支えた時、理想の寝姿勢となります。
しかし実際は体格、硬さの好み、クセなどそれぞれ個人差があって複雑です。特に高齢になると体形が変わってくることから、フィット感が得られるまで様々なマットレスや枕を試してみることをお勧めします。

店ではピッタリ。家ではガックリ。

枕を購入する際、実際に横になって自分にピッタリのサイズを選んだはずなのに、家で寝てみると何故かしっくりこない…。
あるいは、寝心地を確かめてマットレスを買ったのに、家で試してみると店での心地と違う…。そんな経験ありませんか?
その原因は、新しい枕と使っていたマットレスとの寝姿勢バランスが崩れたからです。
同様に、新しいマットレスと使っていた枕とのバランスが崩れても、寝心地が悪くなってしまいます。

マットレス&枕と体格との関係

寝具選びのポイントは、身体を支持する適度な“硬さ”のマットレスと、肩や首の筋肉に負担をかけない適度な“高さ”の枕を選ぶことが大切です。
例えば、枕が適正な高さであっても、マットレスが柔らかすぎると、腰の部分だけが沈み、身体が「くの字」になって寝苦しくなります。
もっとも、体重の軽い方であれば、浮き沈みも少なく、許容範囲であるかもしれません。
猫背の方、ウエストとヒップの差が大きい方、体重が軽い方や重い方など、体格には個人差があります。
一方、高い枕が好みの方、硬めのマットレスが好みの方など、寝心地の良さやフィット感も人それぞれです。
このように自分の体格に合う、寝心地の良い寝具を探すには、どうしたらよいのでしょうか?

三位一体で、より心地よく

50年以上にわたって蓄積したデータや設計技術をベースに、より快適な寝心地を追求してきたフランスベッドだからできるご提案として、寝具のトータルコーディネートがあります。
マットレスと枕とが関連する寝姿勢と同様に、寝心地も直接肌に触れるマットレス・ベッドパッド・枕それぞれに寝装品などが関連するため、一人ひとりの寝心地に合った寝具の組み合わせを、ご提案しています。

ホテルに、枕が2つ用意されている理由

不特定多数のお客さまを迎え、快適な睡眠スペースを提供するホテルでは、高さの異なる枕、あるいは硬さの異なる枕を2つ用意しておくことにより、一人ひとりの好みに対応できるようにしています。
また、クッション代わりとして使うときも、2つあれば心地よい姿勢に調整しやすく、ベッドでの寛ぎには欠かせません。

おすすめ商品一覧

フランスベッドPRスタジオ九州

フランスベッドコレクション

ベッド・まくらの選び

FRANCEBED sleep+ 福岡

営業時間

10:00~20:00

住所

福岡市中央区渡辺通4丁目1-36
BiVi福岡3F

※駐車場完備

アクセス

TEL

092-724-3340

TEL受付時間 10:00~17:00
※店舗営業は20:00まで